平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
6/21(木)世界の識者が見た東京裁判に学ぶ
日本歴史文化の勉強会と講演会等を行い
国内並びに海外への啓蒙をはかり異文化を相互に理解し
国際交流・親善事業を行い
地球共生及び世界平和に寄与することを目的とし
第十三回目の開催を迎えました。

東條英機氏は遺言で次のように述べています。

「今回の裁判の是非に関しては
 もとより歴史の批判を待つ。
 もしこれが永久平和のためということであったら
 もう少し大きな態度でことに臨まなければならないのではないか。
 此の裁判は結局政治裁判で終わった。
 勝者の裁判たる性質を脱却せぬ。」


如何でしょうか?
平和を唱える方たちは
なぜ東京裁判を学ぼうとしないのか?

もう少し大きな態度で永久平和のために
東京裁判のことを知るべきではないでしょうか?

今、歴史の批判を求めるべきではないのでしょうか?   
ゲストに大阪国際大学講師の久野潤先生をお迎えして
ご参加の皆様と東京裁判について討論してまいりますので
多くの方のご参加をお待ちしております。



6/21(木)第13回平成史学塾
  永久平和のために
   「極東国際軍事裁判(通称:東京裁判)」を知る−
      〜 世界の識者が見た東京裁判に学ぶ 〜


【日時】

  平成19年6月21日(木)
  19:10〜20:50 (開場19:00)

【テーマ】

  永久平和のために
   「極東国際軍事裁判(通称:東京裁判)」を知る−
   〜 世界の識者が見た東京裁判に学ぶ 〜

【会場】

  ちよだプラットフォームスクウェア5F 505会議室 地図 

【会費】

  一般¥1,000-、一般学生・塾生¥500、学生塾生¥100-

【ゲスト】

  久野潤氏
   京都大学大学院法学研究科卒
   大阪国際大学 講師、戦略情報研究会 代表

【ご参加お申込】

  ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上
  下記までメールにてお申込下さい。
  定員30名につき、先着受付にて受付票を発信致します。
  ご来場の際にはプリントしてご持参下さい。

    事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp



米国上院軍事外交委員会で
連合国最高司令官のマッカーサー
「日本があの戦争に飛び込んでいった動機は
 安全保障の必要に迫られたためで
 侵略ではなかった。」
と述べたことは有名ではありますが
日本社会党の佐々木更三委員長が毛沢東主席
「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」
と挨拶したとき主席は
「何も申し訳なく思うことはありませんよ。
 中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。
 皆さん皇軍の力なしには我々は権利を奪うことは不可能だったでしょう。」
(毛沢東思想万歳[下])と述べていることは知られていません。

また、ウェッブ東京裁判裁判長
「日本が1941年におかれた状況に米国も英国もおかれれば
 戦争に訴えていたかもしれないのである」
(天皇の陰謀)と述べ、フーバー元米国大統領
「もし我々が日本人を挑発しなかったならば
 決して日本人から攻撃を受けるようなことはなかったであろう」
(東京裁判 日本の弁明)と述べています。

何故、日本は真実を見ようとせずに
東京裁判の有罪判決を受け入れる考えを推し進めているのでしょうか?

元防衛大学教授の星槎大学の新治毅教授
「自給自足ができない我が国は
 輸入資源に付加価値をつけて競争力のある工業製品を作り
 多くの国々へ輸出して成り立っている。
 即ち、輸出入の長大なシーレーンに沿って紛争がないことを
 一番求める国である。
 我が国ほど世界中が平和であることを必要とする国はない。
 我が国だけが平和であっても
 それだけでは十分ではない。
 平和を追求するためには戦争を知ることが大切。」
と訴えております。

永久平和のために
「極東国際軍事裁判」に学びませんか!
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
5/20木)第12回平成史学塾[東條由布子氏の講演]
日本歴史文化の勉強会を行っている
「平成史学塾」は第十二回目を迎えました。

3月と4月の二回にわたり
東京裁判での東條英機宣誓供述書について
学んでまいりました。

この度は東條英機のお孫さんであり
編者でもあります東條由布子様をお迎えして
「東京裁判に学ぶ今日の日本」についてお話頂きます。

日本はどのような外圧を受けていたのか?
東條英機をはじめ当時の政府首脳はどのように対応したのか?
日本をどのように守ろうとしたのか?・・・

日々メモを取ることを習慣とし
いかなるときでも自身が何を話し
誰が何を話したかを克明に記載した東條英機。

その重要なメモから弁護士によって作成された
東京裁判での宣誓供述書は
GHQにより「発禁第一号」に指定された。

その主な主張は
「自衛のための戦争」
「天皇陛下には戦争の責任がない」
「東洋民族解放のための戦争」の三点。

この昭和史の第一級資料は何を物語っているのか?

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。



5/20木)第12回平成史学塾
  大東亜戦争の真実
     −東條英機宣誓供述書に学ぶ今日の日本!

【日時】

  平成19年5月20日(日)
  14:00〜16:00 (開場13:30)

【テーマ】

  大東亜戦争の真実
   −東條英機宣誓供述書に学ぶ今日の日本!

【会場】

  中野サンプラザ 7F 研修室8
  

【会費】

  一般¥2,000-、学生・塾生¥1,000、学生塾生¥500-

【ご参加お申込】

  ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上
  下記までメールにてお申込下さい。
  定員50名につき、先着受付にて受付票を発信致します。
  ご来場の際にはプリントしてご持参下さい。

    事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp

【大東亜戦争の真実―東條英機宣誓供述書】

WAC出版:税抜¥1,470

「天皇に責任なし、責任は我に在り」

「断じて日本は侵略戦争をしたのではありません
自衛戦争をしたのであります」

「私は最後までこの戦争は自衛戦であり
現時承認せられたる国際法には違反せぬ戦争なりと主張します。
敗戦の責任については私の責任であります」

戦後、GHQにより「発禁第一号」指定になった
幻の東條英機宣誓供述書。

国際裁判の法廷という四面楚歌の状況の中で
東條英機自らが日本国の立場を正々堂々と主張した
昭和史の第一級資料の封印を解く。

(解説:渡部昇一)
連合国にこそ大戦の原因があること
東京裁判は虚構と夢想にすぎないことが
この供述書を読めば明らかである。

【東條由布子氏】

1939年ソウル(当時、京城)生まれ。
東條英機の御令孫(長男・英隆の長女)。
本名は岩浪淑枝。

第一生命保険相互会社勤務を経て
明治学院大学に進むが結婚のため中退。

四児の母となった後
国士舘大学教育学科2年に編入学し卒業。

著述家、NPO法人 環境保全機構理事長。

-----------------------------------------------------

東條英機宣誓供述書から何が見えるか?

今日の外交問題
いや今後の外交問題や政治行政を考える上で
東京裁判について学ぶことが必要であると考えます。

行政に携わる方たちのみならず経営者やビジネスマン
これからそのような道に進むであろうと思われる学生の皆様
ぜひ東京裁判を一緒に学びませんか?

国民投票はもうすぐ目の前にきています!
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
東京裁判-2 ポツダム宣言
ポツダム宣言には問題点が3つある。

日本語訳は下記URL参照して下さい。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19450726.D1J.html


〔犠魴鏐濾ではない。

「五 吾等ノ条件ハ左ノ如シ」以下で
6〜13条までの各条件は連合国の方から出した条件である。


⊂魴錣箸靴討痢崟鐐菷蛤畤諭廚療豕裁判での基準の乱用。

「十 吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ」以下の
「戦争犯罪人」を厳罰に処するという条項は守らなければないない。
ポツダム宣言時での「戦争犯罪人」とはどのように規定されていたのか?
東京裁判でいう
「平和に対する罪」「人道に対する罪」は
この時点では戦争犯罪の範囲外である。


L犠魴鏐濾と誤認させていた。

米国世論抑制のため無条件降伏じみた云い方をして米国民をごまかし
占領後の日本人に対してもそのように新聞などで広報された。


ポツダム宣言の条件に従って降伏した日本は騙されたのか?

南京事件問題、慰安婦問題なども
宣言することで後腐れなく終わらすはずだった約束が・・・

また騙されたのか?

真実は・・・第11回平成史学塾で!
http://heiseishigaku.navigarasu.com/?eid=550740
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
満州抑留邦人25万人を生還させた門脇朝秀氏(93歳)も参加!
4/19(木)第11回 平成史学塾
門脇朝秀氏(93歳)がご参会頂けるそうです!
ぜひ皆様ご参加下さい!


【門脇朝秀氏(あけぼの主宰)のプロフィール】

大東亜戦争敗戦後にソ連管理下の大連で
悲惨な抑留生活におかれた満州遼東半島居留邦人25万人を
生還させるため単身奉天まで潜行して
米軍連絡部と交渉に当たった満鉄社員。

大正三年朝鮮(現韓国大田市)生まれの93歳。

昭和九年大阪外語支那語部卒
満州ハイラル軍司令部・朝鮮龍山歩兵少尉
関東軍奉天特務機関情報局を経て
南満州鉄道蠻標時に終戦を迎え
昭和二十二年大連より帰国。

中国問題に一生をかけて取り組むとともに
三十年前からあけぼの会を主宰し
台湾において高砂族を中心とする交流活動を進める。

戦後、日本人と高砂族との交流のレールを敷いた一人として知られ
現在も中共に屈しない台湾人の為の真の独立を訴え
台湾訪問を繰り返し活動中。

専攻「民族心理」。
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
4/19(木)第11回平成史学塾【東京裁判】
今回も前回に引き続き貴重な資料である
東京裁判での東條英機宣誓供述書について
参加者で討論してまいります。

日々メモを取ることを習慣とし
いかなるときでも自身が何を話し
誰が何を話したかを克明に記載した東條英機。
その重要なメモから弁護士によって作成された
東京裁判での宣誓供述書は
GHQにより「発禁第一号」に指定された。

その主な主張は
「自衛のための戦争」
「天皇陛下には戦争の責任がない」
「東洋民族解放のための戦争」
の三点。

この昭和史の第一級資料は何を物語っているのか?
ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。


4/19(木)第11回平成史学塾
  大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書に学ぶ


【日時】

平成19年4月19日(木)
19:00〜20:50(開場19:00)

【テーマ】

大東亜戦争の真実―東條英機宣誓供述書
(東條由布子氏編集)に学ぶ

【会場】

ちよだプラットフォームスクウェア5F 505会議室

【会費】

一般¥1,000-、学生・塾生¥500、学生塾生¥100-

【ご参加お申込】

  ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上
  下記までメールにてお申込下さい。
  定員25名につき、先着受付にて受付票を発信致します。

    事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp


【大東亜戦争の真実―東條英機宣誓供述書】

WAC出版:税抜¥1,470

「天皇に責任なし、責任は我に在り」

「断じて日本は侵略戦争をしたのではありません
自衛戦争をしたのであります」

「私は最後までこの戦争は自衛戦であり
現時承認せられたる国際法には違反せぬ戦争なりと主張します。
敗戦の責任については私の責任であります」

戦後、GHQにより「発禁第一号」指定になった
幻の東條英機宣誓供述書。

国際裁判の法廷という四面楚歌の状況の中で
東條英機自らが日本国の立場を正々堂々と主張した
昭和史の第一級資料の封印を解く。

(解説:渡部昇一)
連合国にこそ大戦の原因があること
東京裁判は虚構と夢想にすぎないことが
この供述書を読めば明らかである。


【東條由布子氏】

1939年ソウル(当時、京城)生まれ。
東條英機の孫(長男・英隆の長女)。
本名は岩浪淑枝。

第一生命保険相互会社勤務を経て
明治学院大学に進むが結婚のため中退。

四児の母となった後
国士舘大学教育学科2年に編入学し卒業。

著述家、NPO法人 環境保全機構理事長。
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
10/30(月)第9回勉強会「誰も知らない語らない大東亜戦争の事実」
平成18年10月30日(月)
18:30〜20:30(開場18:15)

【テーマ】
誰も知らない語らない大東亜戦争の事実
【会場】
ちよだプラットフォームスクウェア5F 504会議室

【会費】
一般¥1,000-、一般学生・塾生¥500、学生塾生¥100-

【講師】
門脇朝秀氏 93歳(あけぼの主宰)

ソ連管理下の大連で悲惨な抑留生活におかれた満州遼東半島居留邦人25万人を生還させるため、単身奉天まで潜行して、米軍連絡部と交渉に当たった満鉄社員

【ご参加お申込】
ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上、下記までメールにてお申込下さい。
定員25名につき、先着受付にて受付票を発信致します。
  事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp

【講師に関連する出版物】

★祖国はるか−満ソ国境に落ちた紙凧
  (満鉄・あけぼの主宰 門脇朝秀 著)
 体験者手記−宝清県、佐渡開拓団跡
  東部国境満鉄責任者、興安東京開拓団
★祖国はるか ◆欸海筏鑪洩院⊇ひとりの敗戦
  (満鉄・あけぼの主宰 門脇朝秀 著)
  −樺太、-張家口、-葛根廟事件
★祖国はるか −敗軍の将なれども・中ソ国境 葦の茂みに
  (満鉄・あけぼの主宰 門脇朝秀 著)
−張家口終戦処理(ソ蒙軍阻止
  日本人避難保護)終戦後北支軍司令官として。
  饒河、撫遠、興凱湖、東部国境
★さらば大連−満鉄社員門脇朝秀・邦人25万救出の記録
  (小松茂朗 著、図書出版社)
  ソ連管理下の大連で悲惨な抑留生活におかれた
  満州遼東半島居留邦人25万人を生還させるため
  単身奉天まで潜行して米軍連絡部と交渉に当たった
  ある日本人の記録。
★台湾高砂義勇隊−その心には今もなお…(五十年後の証言)
  (門脇朝秀 著)
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
8/20(日)靖國神社〜正式参拝・遊就館拝観・講演〜
土光敏夫氏の人間としての教えを学ぶ「竹の会」で開催される
『「靖国神社」正式参拝・遊就館拝観・講演』

【日時】
平成18年8月20日(日)11:45〜16:00
【テーマ】
安(靖)らかで穏やかな平安(平和)な国をつくりあげようと
命名された「靖國神社
〜正式参拝・遊就館拝観・講演〜
“「真相はこうだ」の罠”語り継ぎたい隠された日本の戦後史
【集合】
靖國神社参集殿 AM 11:45 地図
【講演会場】
靖國会館
【会費】
一般¥3,000/竹の会会員・学生¥2,500/学生会員¥2,000
(玉串料・遊就館拝観料込)


【講師】
山口宗敏氏(靖国神社崇敬奉賛会評議員)
ミッドウェー海戦で全員避難させた後に
空母飛龍と運命をともに戦死した山口多聞海軍司令官ご子息
【スケジュール】
11:45〜 靖国神社参集殿集合
12:00〜 正式参拝
12:30〜 遊就館見学・休憩・フリータイム
14:30〜 講演
 “「真相はこうだ」の罠”
 語り継ぎたい隠された日本の戦後史
16:00 終了後、有志による懇親会

*時間は若干変更することがあります


靖国神社は、明治2年(1869)に明治天皇の思し召しによって
戊辰戦争で斃れた人達を祀るために創建された。

初め、東京招魂社と呼ばれたが
明治12年に靖国神社と改称されて今日に至っている。

後に嘉永6年(1853)アメリカの海将ペリーが
軍艦4隻を引き連れ、浦賀に来航した時からの
国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀り
明治10年の西南戦争後は
外国との戦争で日本の国を守るために
斃れた人達を祀ることになった神社である。

昭和天皇のご発言とされる元宮内庁長官メモの出現により
その意図や真偽・捏造と靖國神社のことが問われていますが
私たちは靖國神社のことを何も知らないのではないでしょうか?

明治天皇が
「国を安(靖)らかでおだやかな平安にして
いつまでも平和な国につくりあげよう」
と平和を願う深い大御心(お気持)をこめて命名された靖国神社や
戦争のことを知るきっかけになれば幸いです。

皆様のご参加をお待ちしております。

【参加お申込】
PCからのお申込専用ページ
携帯電話からは件名に「8/20(日)竹の会参加」と記載して
「お名前」「区分(一般・学生・会員・学生会員)」
「ご住所」「お電話」「FAX等」を本文に記載して
下記メールアドレスへ送信して下さい。
info@takenokai.com
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
7/14(金)緊急セミナー開催
平成18年7月14日(金)
18:30〜20:30(開場18:15)

【テーマ】
)鳴鮮による日本人の拉致事件の背景と歴史
竹島を巡る韓国による海洋調査のその後
【会場】
ちよだプラットフォームスクウェア5F506会議室
【会費】
一般¥500-、学生¥100-、学生¥100-

日本の歴史文化の勉強会「平成史学塾」では、北朝鮮による日本人の拉致事件の背景と歴史についてのセミナーを開催します。
また、今まで学んできた竹島問題では韓国による海洋調査のその後についての近況報告をいたします。

【ご参加お申込】
ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上、下記までメールにてお申込下さい。
定員25名につき、先着受付にて受付票を発信致します。
  事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
6/25 第一回オープンセミナー
平成18年6月25日(日)
16:30〜18:30(開場16:15)

【テーマ】
竹島の日本と韓国の歴史
【会場】
ちよだプラットフォームスクウェア5F505会議室
【会費】
一般¥500-、学生¥100-、学生¥100-

日本の歴史文化の勉強会「平成史学塾」では、竹島の日本と韓国の歴史についてのセミナーを開催します。
六世紀からの韓国と日本の歴史解釈を様々な資料を基に解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

【ご参加お申込】
ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上、下記までメールにてお申込下さい。
定員20名につき、先着受付にて受付票を発信致します。
  事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
5/22 第6回平成史学塾のご案内
「竹島」は、日本固有の領土です!
どこにあってどのような歴史を経て今日の領土問題になっているのか
皆様はどこまでご存知ですか?

1905年
 竹島を国際法上”先占”の法理で日本領土編入。
 日露戦争・日韓併合も関係ない
1952年
 竹島が日本領土に確定の
 サンフランシスコ講和条約無視の李承晩ライン
1953年
 韓国は竹島を領土として不法な武力占拠!
 日本漁船拿捕を強行開始!
1965年の日韓基本条約調印までに
 韓国は日本巡視船や漁船などを銃撃。
 44名の日本人死傷者
1965年以降
 先送りしてきた弱腰外交のツケ。
 今こそ、国際司法裁判所提訴で決着へ!

漁業資源の保護をうたった国連の海洋法条約発効に伴い
1999年に新日韓漁業協定が締結され
竹島周辺海域は両国が共同管理する暫定水域に含まれたが
韓国が同島の実力支配を続ける影響で
12カイリ以内に近づくことができない。

竹島周辺海域以外の暫定水域内でも
漁業被害は深刻である。
さらに暫定水域内での資源減少によって
日本の排他的経済水域内に韓国漁船が
違法に漁具を設置するケースが増加。
島根県では国に対して竹島の領土問題の決着とともに
排他的経済水域の境界画定と
暫定水域の撤廃を図るよう要望している。



さて、平成史学塾の第6回勉強会のご案内をさせて頂きます。

日本の歴史文化の勉強会「平成史学塾」では
竹島の歴史研究資料を基に5ヶ月間の議論を交わしてきました。
この度はその総まとめといえる
「竹島の歴史と日韓主張の相違」についてのセミナーを開催致します。
六世紀からの日韓の歴史解釈を様々な資料を基に解説・議論します。
皆様のご参加をお待ちしております。

この機会に是非ご参加下さい。


************ 第6回平成史学塾勉強会 *************
平成18年5月22日(月) PM 18:30〜20:30(開場:18:15)
【テーマ】
竹島の領土問題を考える
「竹島の歴史と日韓主張の相違」
【会場】
ちよだプラットフォームスクウェア5F505会議室
千代田区神田錦町3-21  03-3233-1511 地図
【会費】
一般¥500-、学生¥100-、塾生¥100-
【ご参加お申込】
事務局長 浅田佳博 heiseishigaku@yahoo.co.jp
| heiseishigaku | 勉強会案内 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ