平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
<< 11/20(火)”亡国”日本を救う徳育教育「日本の修身」〜世界が認めた日本の戦前の教育  | main | 2/22(金)第16回平成史学塾 〜政府統計と近代日本史に学ぶ〜 >>
10/16門脇朝秀先生の講話
5月に講師としてお招きした東條由布子様(東條英機元首相御令孫)と
衆議院議員の松原仁様(民主党)もご出席され
台湾と中国の現状を門脇朝秀先生にお話し頂きました。
その内容は今の日本にそのまま置き換えられることであると気付きました。



「台湾では字を読めない人も一票
 即ち書籍や新聞ではなくテレビに大きく左右される」


テレビがすべて本当のことを言っていると思う人が多い
本来そうでなくてはならない筈であるが
実際には偏った報道が多く新聞雑誌等も同様である
今の日本では字は読めるが本を読まない人が多い。
即ち偏った人が多い人くその人たちも一票。
マスコミや一部の政治家に流されず
自ら学び知恵を働かせる一票をより多くしていかなければならない。

「中国は他国の悪口言うな
 自国民を食わせられるようになってから言え」


自給の出来ない日本。
介護に東南アジアから人材を求める日本。
マスコミや一部の政治家にそのまま聞かせたい。

門脇先生のお話しに参加者は多くの学びを頂いた。

台湾における来年1月の立法院選挙、3月の総統選挙
中国における来年8月の北京オリンピック

日本はどのように進んだらいいのか?
真剣に考えるときではないのか!
自給の出来ない日本。
介護に東南アジアから人材を求める日本。

あまり知られていないことで残念ですが
東條由布子様は先の参議院選挙で介護の問題をとりあげてました。
松原仁様は超党派で構成されている
「日本の領土を守るため行動する議員連盟」事務局長としても活躍してます。

今後、門脇先生はじめ東條様、松原様の益々のご活躍を祈念し
ご出席頂きました皆様とともに平成史学塾は出来ることは実践していきます。
| heiseishigaku | 勉強会報告 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://heiseishigaku.navigarasu.com/trackback/858171
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ