平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
<< 9/17(木)新しい政治から見た倫理/平野貞夫 | main | 11/7(土)羅針盤を失った学校教育の立て直しを急げ! >>
10/17(土)田母神俊雄氏講演会&軍楽隊演奏会

★ 平成史学塾 推奨イベント
第33回 陸海軍軍楽隊合同大演奏会
 &田母神俊雄氏の大講演会

日時 : 平成21年10月17日(土) 正午より
場所 : 九段会館大ホール

◆詳しくは下記をご参照ください


毎年の春秋に行われる陸海軍軍楽隊合同大演奏会。
今回は元防衛省航空幕僚長の田母神俊雄氏の大講演会も併催。

1部3部は陸海軍軍楽隊合同大演奏会
元帝国陸軍軍楽隊、元帝国海軍軍楽隊の皆様主軸の演奏で
三鷹淳(コロムビア)、わかばちどり(コロムビア)、三枝万祐(テイチク)
のプロの歌手3名が皆様の心に歌いかけます。

そして2部は田母神俊雄氏大講演会


元防衛大学教授で
現在は星槎大学の新治毅教授
  「自給自足ができない我が国は
   輸入資源に付加価値をつけて競争力のある工業製品を作り
   多くの国々へ輸出して成り立っている。
   即ち、輸出入の長大なシーレーンに沿って紛争がないことを
   一番求める国である。
   我が国ほど世界中が平和であることを必要とする国はない。
   我が国だけが平和であっても
   それだけでは十分ではない。
   平和を追求するためには戦争を知ることが大切。」
と訴えております。

戦意を鼓舞する軍楽隊演奏会ではありません。
私たちの祖父母両親を守るために戦場に散って逝った兵隊さんに
復員後に休む間もなく
また食料の不足する焼け野原の中で
今日の日本を築き上げていただいた兵隊さんはじめ日本の人々に
私たちが今ここに生きている源になっていることを感謝し
改めて戦争という事実と向き合うことで平和を追求する軍楽隊演奏会です。

涙なくしては歌えない
「ああモンテンルパの夜は更けて」などの歌もあります。
その歌が出来た背景を知ることで新たな気づきがあります。

田母神氏からも平和の追求に必要なお話が聴けます。
前出の新治教授は政治・経済・経営・法律・科学・・・等を学ぶ際に
国防学の必要性を訴えております。(日本以外では常識)
一億総戦争音痴では平和は訪れません。

これを機会に企業経営者も会社員も主婦も学生も・・・
日本の歴史に、先の大戦に向き合ってみませんか?

きっと新たな気づきがあります。
忘れていた大切な事を思い出します。

17〜20日には靖国神社の秋季例大祭でもあります。
ぜひ参拝と併せてご参加ください。

第33回 陸海軍軍楽隊合同大演奏会&田母神俊雄氏の大講演会
日時 : 平成21年10月17日(土) 正午より
場所 : 九段会館大ホール 交通のご案内
只今、秋の会の予約席を受付けます。
毎回満員、早いが勝ち!すぐにお申し込みください。
★入場料
   一階席 : 4,000円
   二階席 : 3,000円
   三階席 : 2,000円
★お問い合わせ先
   那須戦争博物館 TEL 0287-76-1510  FAX 0287-76-1520

主 催 大東亜戦争記録保存会、那須戦争博物館

●プログラム

☆出演者

司会  三枝 万祐
演奏  帝国陸軍軍楽隊、帝国海軍軍楽隊
歌手  三鷹 淳(コロムビア)
     わかばちどり(コロムビア)
     三枝万祐(テイチク)  ほか。
出演  陸軍士官学校有志、横濱軍歌愛好会
     棟田アンカー合唱隊、海軍兵学校有志

☆時局講演会

弁士:元航空幕僚長・田母神俊雄


那須戦争博物館 栃木県那須郡那須町高久乙 2725
TEL 0287-76-1510  FAX 0287-76-1520
| heiseishigaku | 事務局報告案内 | 12:16 | comments(5) | trackbacks(0) | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/10/01 8:48 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/10/03 2:31 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/10/11 7:01 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/10/17 7:59 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/10/23 9:55 PM |










http://heiseishigaku.navigarasu.com/trackback/1484369
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ