平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
<< 10/20(月)平成史学塾セミナー「餓死迫る日本」 | main | 東條由布子様の「よみがえれ"heart of japan"」 >>
「餓死迫る日本」正論11月号が絶賛!
8月に出版された「餓死迫る日本」のことが
産経新聞月刊誌「正論」11月号が絶賛!

執筆者は産経新聞の名物コラムニストとして
三十数年に渡り朝刊の産経抄を毎日綴った石井英夫氏

著者の小池松次先生は道徳教育の権威で
2年前にも「正論」で”たった一人の修身研究”で紹介され
石井英夫氏著「日本人の忘れもの」でも紹介されております。

現在様々なところで「餓死迫る日本」が評価され話題になっております。


話題の新刊「餓死迫る日本」  著者:小池松次氏


先日の9月29日にブッシュ米大統領は「緊急事態」を声明。
今後世界は?日本は?どのような影響を受けるのか・・・

約80年前の1929年10月24日木曜日
ニューヨークの証券取引所の大暴落により世界大不況が始まった。

米国のホーリィ・スムート法による保護貿易で米国は輸出入が半減し
世界貿易は突如として不振に陥ったが
自給自足できる国は国内政策を大転換することで生き残れた。

日本は石油輸入危機が先の大戦の最終決断でした。

当時は新潟・秋田での僅かな石油の他に
満州や日本の領土だった樺太からも石油を産出できました。

燃料・化学肥料・農薬に頼らない農耕牛馬や堆肥での農業。

現在の日本よりはるかに高い自給率でも安全保障はなかったのです。


◆ 10/20(月)18:30〜20:30
   平成史学塾セミナー「餓死迫る日本」案内PDF ◆
   〜食料自給率39%は真っ赤なウソ!本当は限りなくゼロに近い!〜
   政府の統計が証明 お気の毒に輸入ストップで国民は一億総お陀仏
| heiseishigaku | 事務局報告案内 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://heiseishigaku.navigarasu.com/trackback/1219829
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ