平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
<< 『餓死迫る日本』著者の小池松次先生がチャンネル桜「報道ワイド」出演 | main | 平成史学塾10月推奨セミナーほか >>
餓死迫る日本!食べ物が無くなった!
昨日は国立市で「餓死迫る日本」のセミナー開催。

遠くは群馬県太田市からお越しいただた方はじめ
50名を超える多くの方々が参加して
著者の小池松次先生にお話いただきました。



毒餃子・汚染米・中国粉ミルク汚染・・・
何を食べたらいいのでしょうか?

飼料・肥料・農薬・農耕機や漁船の燃料などほとんど輸入。

政府発表自給率は
食用米100%、いも類80%、野菜79%
鶏卵95%、肉類55%、牛乳・乳製品66%、魚介類52%

これらは上記輸入が無ければ自給は1%未満。
運送用燃料を加味したら都市部では殆んど自給ゼロ。

日本の農漁業や燃料の見直しと
輸送燃料や食の安心を考慮して
地元産を大切にしていく施策が欲しいですね。

そして何よりも正しい情報を
政府やメディアが伝えないと国民は判断を誤ります。

ウルグアイランドで汚染米を仕入れて
農家に減反を求めて自給率を削減し続けてきた政府。

国内工場を閉鎖して日本人をリストラして
中国に生産工場を求め価格競争に勝利して業績を伸ばす企業。
そんなリストラされた日本人の苦悩は関係ないと
安価な海外製品に安堵を求める消費者。

日本が衰退に向かっていることに気が付かないと・・・

やがて日本から全てが無くなり
日本人も居なくなればいいとでも言うのか?

先の大戦前の日本の状況で石油輸入危機が最終決断でした。

それでも新潟・秋田での僅かな石油の他に
当時日本だった満州・樺太からも石油を産出できました。

燃料・化学肥料に頼らない農耕牛馬や堆肥での農業。

現在の日本よりはるかに高い自給率でも安全保障はなかったのです。
そのことを改めて伝えないと国民は判断を誤ります。

選挙での投票だけでなく
消費の際にも確かな目で選択していきましょう!

★「餓死迫る日本
   著者:小池松次
   出版社:学習研究社


この書籍は日本の現状を知ることができる唯一の資料です。


好評につき10/20(月)千代田区神田錦町でも開催!


★平成史学塾セミナー「餓死迫る日本」著者の講演
  〜食料自給率39%は真っ赤なウソ!本当は限りなくゼロに近い!〜
  政府の統計が証明 お気の毒に輸入ストップで国民は一億総お陀仏
  案内PDF
【講 師】
  小池松次先生
    あすか会教育研究所 所長

【日 時】
  平成20年10月20日(月) 18:30〜20:30 定員80名

【会 場】
  ちよだプラットフォームスクウェア 5F 505・506会議室
    千代田区神田錦町3-21 TEL 03-5259-8400
       ・東西線「竹橋駅」下車徒歩5分
       ・JR「神田駅」下車徒歩15分
       ・三田線・新宿線・半蔵門線「神保町駅」下車徒歩10分

【参加費】
  一般1,000円、一般学生・塾生500円

【ご参加お申込】
ご興味のある方はぜひご参加下さい。

ご参加お申込はお名前・年齢・住所・電話・e-mailをご記載の上
下記までメールにてお申込下さい。

事務局長 浅田佳博 shigaku@navigarasu.com

【講師プロフィール】
昭和3年 佐賀県生まれ。長崎青年師範学校(現:長崎大)を経て
東京教育大学(現:筑波大学)教育学科卒業

幼稚園から大学まで幅広く教育学の実習と講義の実務に専念。
その間学習指導・進学指導でも抜群の成績を上げ
テレビ・ラジオ等のマスコミにも度々登場。

平成19年12月22日 朝8時〜9時25分
日本テレビ「ウェークアップ!プラス」において修身の話をしました。


世界の教科書や家庭のしつけ等の国際的な比較教育の研究に従事し
その成果の一端である「修身・日本と世界」は
徳育指導・国民教育の貴重な資料として世界的に認められ
TIME誌(1996年4月22日号)に小池の授業風景が掲載されている。
著書・論文・マスコミで教育再建を提案し続けている。

[主な著書]
小学校受験 目からウロコの合格ノウハウ
修身・日本と世界
教育勅語絵巻物語
親と子の勉強大作戦
30年前に日教組と教育基本法を骨抜きにした本
修身の教科書(戦後60周年記念 サンマーク出版)
天皇明仁の昭和史(ワック)
品格ある日本人を育てた小学国語読本(致知出版)

★平成20年8月5日 学習研究社より小池松次先生の新刊発売 
 「餓死迫る日本」

【講演内容】
1、1億2千万人の国民全員が自分の体重の十倍の食料・飼料を毎年輸入
2、農機具・漁船の燃料、化学肥料、農薬、飼料の輸入途絶で日本は即刻自滅
3、日本の商船隊2009隻のうち日本国籍船は59隻だけ。船も船員も外国任せ
4、日本潰すにゃ原爆いらぬ船を半年止めりゃいい。腹が減っては戦はできぬ
5、100億本もある間伐材でエタノール燃料を生産すれば6000万人は生存可能
6、食料パニックを生き抜く自給自足の家庭菜園の実例(5人家族で300坪)
7、著者単独出演TV「東京にんげん探訪・ケールと共に20年」15分間放映
本書の第七章は『一億総餓死でも生き残れる超優良野菜ケールの話』です。
ケールが政府に代わって貴方の家族の食料安全保障を助けてくれます。
| heiseishigaku | 勉強会報告 | 12:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/09/27 2:17 PM |










http://heiseishigaku.navigarasu.com/trackback/1212350
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ