平成史学塾

日本の正しい歴史文化を学び、正論で主張し、国際社会人として地球共生及び世界平和に寄与。
<< 8月度平成史学塾推奨セミナー | main | 8/5小池松次先生の新刊発売 >>
餓死迫る日本!政府統計が見事に証明 輸入が止まると貴方は直ちに御陀仏
毒餃子事件で輸入食品問題が大きく取り上げられ
小麦や穀物などの輸入食糧や原油の値上げ
行き着いたのが漁船の一斉操業停止。

私たち日本の食は安心できるのでしょうか?

日本政府発表の食料自給率は
「穀物27%、カロリーベース39%」となっていますが
これは真っ赤なウソ!

実際は発表の1/10もなく
限りなくゼロに近い悲惨な状態です。

政府の統計を利用しながら
食料自給率のウソを白日の下にさらします。
生き延びる策はあるのでしょうか?

今回のセミナー参加者と
新刊「餓死迫る日本・・・」の読者のみに
小池松次先生が生き延びる術を公開!

────────────────────────
8/7(木)千代田区倫理法人会経営者モーニングセミナー   
────────────────────────
 午前6:30〜7:30 セミナー無料
 午前7時30分〜8時30分 朝食会 700円

 会場 学士会館 千代田区神田錦町3-28
    TEL 03-3292-5936 地図

 お申込不要!当日お越しください。
 尚、朝食希望の方は info@rinri-chiyoda.comまで
────────────────────────
■ テーマ ■
────────────────────────
「餓死迫る日本」政府統計が見事に証明
輸入が止まると貴方は直ちに御陀仏

────────────────────────
■ 講 師 ■
────────────────────────
小池松次先生
  国際比較教育研究所 元所長
  あすか会教育研究所 所長
────────────────────────
■ プロフィール ■
────────────────────────
昭和3年 佐賀県生まれ。

長崎青年師範学校(現:長崎大)を経て
東京教育大学(現:筑波大学)教育学科卒業

幼稚園から大学まで幅広く教育学の実習と講義の実務に専念。
その間学習指導・進学指導でも抜群の成績を上げ
テレビ・ラジオ等のマスコミにも度々登場。

平成19年12月22日 朝8時〜9時25分
日本テレビ「ウェークアップ!プラス」において修身の話をしました。

世界の教科書や家庭のしつけ等の国際的な比較教育の研究に従事し
その成果の一端である「修身・日本と世界」は
徳育指導・国民教育の貴重な資料として世界的に認められ
TIME誌(1996年4月22日号)に小池の授業風景が掲載されている。
著書・論文・マスコミで教育再建を提案し続けている。

【主な著書】
目からウロコの合格ノウハウ
修身・日本と世界
教育勅語絵巻物語
親と子の勉強大作戦
30年前に日教組と教育基本法を骨抜きにした本
修身の教科書(戦後60周年記念 サンマーク出版)
天皇明仁の昭和史(ワック)
品格ある日本人を育てた小学国語読本(致知出版)
おばあちゃんの知恵と読書に学ぶ満点育児法

★平成20年8月5日 学習研究社より新刊発売 
    「餓死迫る日本」
       −政府統計が見事に証明
          輸入が止まると貴方は直ちに御陀仏−
────────────────────────
■ 講演概要 ■
────────────────────────
日本政府発表の食料自給率は
「穀物27%、カロリーベース39%」となっていますが
これは真っ赤なウソ!
実際は発表の1/10もなく限りなくゼロに近い悲惨な状態です。
政府は統計の計算方法を意識的に過大操作して
国民を騙しているのです。
政府の統計を利用しながら
食料自給率のウソを白日の下にさらします。
生き延びる策はあるのでしょうか?
────────────────────────
■ 主催 ■
────────────────────────
千代田区倫理法人会
〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-1-11瀬川ビル5F
東京倫理法人会事務局
TEL 03-3239-7763
FAX 03-3239-7764
info@rinri-chiyoda.com
| heiseishigaku | 事務局報告案内 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://heiseishigaku.navigarasu.com/trackback/1164730
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ